Requires a javascript capable browser.

ガイソー稲沢店

今回は一宮市での外壁塗装の様子を紹介します。
今回のお家では、お伺いした時点で色褪せが起きてしまっていました。

お家の外壁には種類があり、今回のお家では窯業系のサイディングを使用されていました。
こちらは金属などとは違い、塗装によって塗膜を作る事による、防水が必要になってきます。

塗膜には防水の効果があるため、定期的な塗装によって、サイディング本体を守り続ける事ができます。
しかし、塗膜も年数の経過によって防水効果が切れてしまいます。

今回のような、外壁が色褪せしていると思った場合、外壁の塗膜が紫外線などによって分解されてしまった状態になります。
この状態の外壁に触れると、塗料の粉がついてしまいます。この現象をチョーキングと言います。
塗膜が分解されてしまっているので外壁材を守る事ができず、サイディングが劣化していってしまう状態となります。

ですので、今回のような色褪せは外壁塗装を行うサインとなります。
他のサインとしては、目地のシーリングが割れている状態や、外壁材自体のひび割れなどがあります。
こういったサインを見つけたら、外壁材自体が劣化してしまう前に塗装工事を行うようにしましょう。

今回のお家では、外壁材の色を大きく変える事になりました。
青は奇抜な見た目になってしまいやすいので、外壁にはなかなか使われる事が少ない塗料になりますが、黒に近い青であれば今回のようにお洒落なお家と印象が変わります。

ガイソー稲沢店は、全国のガイソー加盟店の中でも何度もコンテストで入賞しています。
今回のようなお洒落なお家にしたいとお考えの方は、是非一度0120-949-899までお問合せください。
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップ
施工事例
> 一宮市で、色褪せた外壁への塗装工事 深い青の塗装によって雰囲気の違うお家へ
無料30秒!私の家の外壁塗装はいくら?
見積りを依頼する